学生の頃、部活に明け暮れながらも音楽をしてみたいと思ってました。

元々叔父の影響で、弦が浮きまくった無名ブランドのアコギを何も分からず弾いており、夏休みに親父にお願いして買いに連れて行ってもらいました。

通販とかにある安いギターでも良かったのですが、せっかくなのでと父はわざわざ市内の楽器屋さんに連れて行ってくれて見て触って良い物を買おうと言ってくれました。

何の知識も無いまま、私としては変形ギターやTOKAIのタルボが欲しかったですが、その店には置いてなくて勧められたのがレスポールでした。

ギブソンは知ってましたがその弟ブランドでオーヴィルというメーカーでした。

赤く木目のあるギター、セットネックで重たいギター嬉しかったですね。

今まで進学、部活と真面目にやっていて、すべて志望先に進んでいたという事もあってか高価なプレゼントもかなりすんなりでしたね。

その後、ギターもしつつ勉強も頑張りました。

秋に学園祭に出ようとバンド組んで、集まって練習したけど、譜面がちゃんと理解できてなくて、ボロボロの演奏で笑われた事もありました。

次の年は別なバンドでちゃんと弾けるようになったし、それから地域の祭りとかも出してもらったりと、その赤いギターは大活躍でした。

社会人になってからはブライアンセッツアーのギターのサウンドにシビれ、この頃よりグレッチ6120が私の一番欲しいギターになりました。

ボーナスで購入したのもつかの間、転勤や結婚を経て大事なギターもほこりをかぶるようになり...

昨年末ですが、ギター買取のアイセルというお店に引き取ってもらいました。

やはり、ギターは弾いてナンボですから、ブログを見てギター好きな店主のいるお店に買い取ってもらう事にしたのです。
2017/07/21(金) 20:45 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
今ではインターネットで部屋を探す事が当たり前になりましたが、私が初めて部屋を探した当初はスマホもないし、ネットもそれほど生活に活用されていなかった時代だったので街の不動産屋さんのウィンドウに張り出されている間取り図を眺めては「どんな家具を置こう」とか「カーテンはレースの重ねがけにしよう!」と心をときめかせていたものでした。

予算は多くは無かったのに、譲れない条件を挙げていくとキリがなかったので随分不動産屋さんを困らせてしまいました。

初めての一人暮らしは安全面から2階以上。寝る前の長風呂が好きだからバス・トイレは絶対別!どんなに狭くても洗濯機は室内に置きたい。

ベットを置きたいから畳は嫌。料理も頑張りたいからシンクは広めでガスは2口以上。職場の駅周辺で7万円以内。あ。出来れば礼金無しでね。

…そんなもんあるかー!!!
と担当の方は言いたかったでしょう。わかります。

当時の夢見る世間知らずは怖いもの無しなので、その条件を突き付けては体よく追い出される事もありました。

東大和市の賃貸で、住みたいなと思う部屋は大体10万円前後でしたし、かと言って条件もなかなか妥協できない。そんな私でしたが運良く親切な担当さんにあたり、手を変え品を変え、最寄り駅を変えてなんとか許容範囲だと思える物件を探してくれたのでした。

苦労して見つけた部屋は自分だけのお城のようで、また引っ越す際には是非とも相談に行きたいです。
2016/10/24(月) 21:30 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
他県の自然災害と家のメンテナンスについてのニュースを見て我が家も外壁塗装を考えるようになりました。

私の家は築20年が経過しており家の中の修繕も含めて外壁のことも考え出していました。
ただ、私達家族の中にリフォームや建築に詳しい人がいなかったのでまずは自宅近くの工務店に話を聞きに行きました。

基本的に部屋の中と外壁の塗装は別日におこなった方が作業スケジュールがタイトにならずよいそうで、どの部分もリフォームしていくかをまずは決めた方がよいとのことでした。

外壁に関しては地震や台風の際にひび割れ、水漏れしないように希望が固まっていたのでそれを伝えました。

部屋の中のリフォームは壁紙の張り替えとキッチンを新しくすることにしました。

実際にどのような塗料や製品を使うのかはカタログを見ながら家族全員で決めていきました。この決める過程で少し驚いたのが現在は水はけがよい塗料や耐震性に優れた材質の外壁が多数用意されていて選ぶのには困りませんでした。

キッチンは妻や母が使いやすいものに決まり、工務店に要望を伝えるとすぐに見積もりとスケジュールを組んでくれました。

外壁塗装もリフォームも無事に終わり災害にも強くなった我が家で現在は安心して暮らせる日々が続いています。
2016/04/19(火) 23:22 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
体調不良で数日寝込んでしまった後に、ひどい腰痛に見舞われた経験が度々あります。

ぎっくり腰のような重度の痛みではありませんが、ジワリとした痛みが長引いて、整形外科を受診。

レントゲンなどの検査で骨の異常や椎間板ヘルニアなどの疾患も診られないので、湿布薬を処方されてしばらく様子を見ることになったのですが、1ヶ月以上たっても中々改善がみられず次第に慢性化。

湿布を継続して貼っていたため皮膚の痒みも出てきて二進も三進もいかない展開になってしまいました。

そんな状況で同じ腰痛持ちの知人に紹介されたのが綱島の腰痛ストレッチや加圧トレーニングを指導している先生でした。

この運動療法を指導してくれる先生の施術を半信半疑で試してみたところ、結論からすると約1ヶ月ほどであれだけ慢性化してもう駄目か?と諦めかけていた腰痛を克服することが出来たのです。

身体の歪みをチェックしてもらい、マッサージ後に、ストレッチをするのですが、基本的にはスポーツストレッチだと言えばイメージもわきやすいかと思います。

私の場合は約1ヶ月で2回の自費診療を受けただけで見事に痛みがひいてくれました。

たまたま運が良かったからなのかも知れませんが、今での時々腰痛の気配が出てくると直ぐにこの体操を実施するようにしています。
2015/12/11(金) 23:05 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
前回はちょっぴりグロテスクなストリートアートを紹介しました。
今回はお口直しにかわいい動物のストリートアートを紹介します。
まるでおとぎ話の世界から出てきたようなかわいらしいものもありますよ。

まずは鳥からです。


151029-1.jpg


色鮮やかな鳥です。
目が吸い込まれそうなほど深い色をしています。


2枚目も鳥です。


151029-2.jpg


カワセミでしょうか?
壁一面を使った大作です。
クチバシはどうなっているのか気になります。


次は写実的な猫です。


151029-3.jpg


今にも動き出しそうなリアルさです。
フワフワ感も伝わってきます。


次に紹介するのはブロックのひび割れを利用したかわいらしいストリートアートです。


151029-4.jpg


ネズミさんと人間の共同作業といったところでしょうか。


次もブロックを利用したものです。


151029-5.jpg


今にも風船が飛んでいきそうです。
これはネズミさんがかわいそうでブロックを動かせないですね。


最後は3Dアートになります。


151029-6.jpg


かわいいです。
2015/10/29(木) 10:57 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)
今回はちょっぴりグロいストリートアートを紹介します。
軽いタッチのデザインなので、皆さんも楽しんでご覧になれると思います。

まずは歩行者用信号機を利用したアートから。


guro-1.jpg


首つりですね。
信号機を見てコレを思いつくなんてユニークな人です。


次はドアノックに描かれたアートです。


guro-2.jpg


ノックすると、イラストの子がいたがりそうで、叩くのに気が引けます(笑)


次は壁に打ち付けてある杭を利用したアートです。


guro-3.jpg


これまた血まみれで痛そうです。
杭を抜いてあげたくなります。


次は、ちょっとエスカレートしてポール?に刺さった人のアートです。


guro-4.jpg


上のアートと同様、血が出て痛そうです。
やっぱり抜いてあげたいです。
それかペイントを足して、痛くない…別のデザインにしてあげたいです。

最後に紹介するのはコンクリートの塊を利用したアートです。


guro-5.jpg


これは、かわいいですね(笑)
2015/10/24(土) 11:36 UNARRANGEMENT PERMALINK COM(0)